シルクロード絵描き旅

中央アジア・シルクロード。ひとりの絵描きの放浪記。

8/20-22 蘭州・西寧メモ 回族の市場にて。

 

 

私のメモより。

 

 

 

回族(かいぞく、ホウェイ族あるいはフェイ族、拼音Huí zú、 حواري)は、中国少数民族の一つで、中国最大のムスリムイスラム教徒)民族集団である。回族とされる人々は、言語形質等は漢民族(漢族)と同じだが、イスラム教イスラーム)を信仰する。中国全土に広く散らばって住んでおり、人口は2000年の時点で約980万人で、中国に住むムスリム人口のおよそ半数を占める。

回族 - Wikipedia

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20170822141316j:plain

青海省・西寧市

 

 

 

 

 

・甘粛や青海省の中国語は北京等と比べなまっている事を、今回の旅では聞き分けられるようになっていた。それぞれの方言、なまり具合を感じられるようになった自分に驚いた。

回族の使う言葉は、時折聴き取れない事があった。耳を傾けるとそれは中国語ではなく、なにか独自の言葉のように思えた。真偽は分からないが、そもそも回族と同じくムスリム少数民族ウイグル族以外に他にもいる。独自の言語を持つ民族がいてもおかしくない。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20170818204154j:plain

甘粛省蘭州市

 

 

f:id:meguroryokoworks:20170822144452j:plain

青海省・西寧市

 

 

 

回族のモスクの周りには、モスクを囲うように、その参道を作っているかのように市場が開かれている。

市場は毎金曜日・土曜日のみに開かれているものだそうだ。

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20170818204334j:plain

f:id:meguroryokoworks:20170818205006j:plain

 二枚とも甘粛省蘭州市

 

 

 

 

・他の中国人がラフな服装であるのに対して、回族(他ムスリムの民族)の男性はスーツやシャツを着こなしている方が多い。スーツを着ているというだけでハンサムに見える。

特に年配の男性の容貌にはスーツがとても似合う。

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20170822145505j:plain

青海省・西寧市

 

f:id:meguroryokoworks:20170818205030j:plain

甘粛省蘭州市

 

 

 

 

 

 

回族料理店は他の料理店よりも内装に凝っていた。シックなテーブルとイス、そういう店の照明はほぼ必ずシャンデリアだった。

ムスリムは清潔を大事とするのが根底にあるせいか小奇麗な内装の店が多い。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20170822143947j:plain

甘粛省蘭州市

 

f:id:meguroryokoworks:20170822201558j:plain

西寧市、東間清真大寺

 

 

 

 

*おまけ*

 

困り眉が可愛い男の子。西寧市にて。

f:id:meguroryokoworks:20170823144918j:plain

 

 

 

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。