シルクロード絵描き旅

中央アジア・シルクロード。ひとりの絵描きの放浪記。

8/17 トランジットで深セン泊

こんばんは。
ただいま中国は深センに居ます。

今夜はトランジットのため深センのホテルに1泊、翌早朝の便で蘭州へ飛びます。

f:id:meguroryokoworks:20170818005954j:plain
(画像右下のピンが深セン、真ん中左のピンが明日向かう蘭州)





中国を訪れたのは2年ぶりなのに、
懐かしさはなく、まるでこの2年の月日など何もなかったかのように中国の空気、空間、街に馴染んでしまっています。




深セン宝安空港からホテルまでの移動も思っていたよりスムーズでした。

空港から地下鉄でたった2駅のところに予約したホテルはありました。




ただ、
私の悪い癖で空港からの移動手段を事前に調べずに来ていました。

地図でホテルの位置と、空港から五キロの距離にある事を確認したのみです。
それでも大都市の深センだから、空港から街に出る交通手段は充実しているだろうと思ったのです。


空港で地下鉄の表示を見つけたので、
予約したホテル情報を係員に見せて、地下鉄の最寄り駅を聞いてみたところ、
タクシーで100元で行けるよ。と、見当違いな答えが帰ってきました。
もう一度訊きましたがお兄さんは100元するタクシーの事しか教えてくれません。
頭の中で悪態をつきながら、わかったありがとうと彼から離れます。


幸いホテルの住所にあった単語と同じ地下鉄駅を発見したので、とりあえずそこまで行ってみる事に。
行ってからタクシーに乗るなりなんなりしよう。
不馴れながらに中国の地下鉄を使い、
ものの数分で『福永駅』へ着いたので、地図アプリを開いたら...、


ホテルは今いるところから徒歩で行ける距離にあったのでした。

迷うことなくホテルに到着。
かかった移動費、地下鉄運賃はたったの3元でした。
安いっ。

チェックインしてから翌早朝にフライトがあることを伝えたら、
タクシーで空港まで7元だよ。との事だったので明日はタクシーを使うことにしました。



『タクシー100元』は空港発タクシーあるあるです。




ryoko.

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。