シルクロード絵描き旅

中央アジア・シルクロード。ひとりの絵描きの放浪記。

ジョンと歩いたアルマトイ。後編

 

こんにちは。りょうこです♪

 

 

ブログ本編を書くのは久しぶりです!

本当はもうしばらくお休みする予定でいましたが…、

いざブログを公開すると、書きたい気持ちが強くなってきたので^^

 

しばらくはゆっくりペースで更新していくと思います!

よろしくお願いしますね♥

 

 

 

 

 

 半年ぶりに(!)この記事の続編を書きます。

 

unhuman.hatenablog.com

 

 

 

ジョンと歩いたアルマトイ。後編

2015年8月末 カザフスタンアルマトイ

 

 

 

 

アルマトイの街中は、特に派手でも田舎ののどかさもない。

私は行かなかったのですが、街から日帰りで行ける距離に景勝地はあるようです。

 

 

 

私はそうですが、ジョンもおそらくインドア派

行く先々で毎度一日ショートトリップするのは疲れる。宿の近くを散歩で十分満足。

そんなタイプです。

バックパッカーなのにインドアというのも変だけど、このニュアンス、バックパッカーの方には分かってもらえるはずですよね!?

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150831174733j:plain

 

 

 

 

 

 

前回の続きです。

 

街中はわりと殺然としています。

道路幅が大げさなほど広いのが、その印象を作っているのでしょう。

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150901194627j:plain

 

 

 

 

私とジョンは、次の移動のため宿から徒歩1時間はかかるバスターミナルにチケットを買いに行きました。

その道中…。

 

 

 

 

 

 

 

  •   旧ソビエト建築のキテレツさにびっくり。

 

f:id:meguroryokoworks:20150831181159j:plain

 

えっ…。

 

 

 

 

ソビエト時代のビルや大型建物って、やたらデザインが凝っていたり『おもしろい』形をしているのが特徴だそう。

 

ですがこれ、ただのアパートなんですよ…!

 

遠くから見ても変ですが、近づいてみると…

 

f:id:meguroryokoworks:20150831181719j:plain

 

変です。

 

ハチの巣みたい…。

しかも一棟の建物かと思いきや真ん中で分かれている。

左右対称、壁の色はご覧の通り2色遣い。

 

 

 

 

yoshida-lab.hatenablog.com

こちらの方のブログにも、ソビエトの団地・マンションの写真があります。

私もこれまでウズベクキルギス、カザフではアスタナなど、他都市で殺伐とした団地をたくさん見てきましたが…。

 

ハチの巣は初めてでした。

 

 

静かにテンションの上がるジョン。

無言でアパートの敷地に入っていきました…!

 

 

ドキドキのアパート探検が始まるのか…!?

 

 

 

 

と煽りたいところですが、私は後を追うことなく写真を撮っていました。

 

 

数分後、無言のままジョンは満足げな目で戻ってきました。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150831181643j:plain

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150831181704j:plain

 

 

 

 

…もう、いい?

 

うん。

 

 

そんなやり取りをして私たちはまた静かに歩き出したのでした。

 

 

 

  •  おもしろ看板に遭遇。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150831182259j:plain

 

無人販売ですね。

て、あれ…。

 

※路上駐車中の車です。

虎柄のブランケットがワイルドさを演出しています!

 

ジョンも私もくすっと笑いました。

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150831164158j:plain

 

斬新すぎる店構えです!!

 

あっぱれとも思える程あけっぴろげ。

目立つ上に分かりやすいです!

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150831164150j:plain

 

カザフスタン通貨はтг(テンゲ)。

2015年8月のレートでは、1500тгのブラは760円。

 

 

私が立ち止まって写真を撮っていたけれど

ジョンは特に興味をそそられなかったようでスタスタと先に進んでいました。

 

私がそのジョンに追い付こうと前を向くと…、

 

 

 

 

 

 

 

 

ジョンはまた別の看板の前で,、目をキラキラさせていました。

 

 

 

ISTANBUL DONER イスタンブール ドネル

 

f:id:meguroryokoworks:20150831164550j:plain

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150831164844j:plain

 

 

 

中央アジアに来て、サムサ↓ 以外のファストフードを食べたのはこれが初めて。

f:id:meguroryokoworks:20150831160100j:plain

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150831164844j:plain

 

ドネルはビーフとチキンの二種類から選べました。

 

 

 

ジョンは無言になったかと思うと…、

なにか閃いた時には口を開きました。

しかしながら会話はすぐに終わってしまい、

ふたたび沈黙の時間となるのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  •  28人のパンフィロフ戦士公園

 

パンフィロフというのは第二次世界大戦でドイツ軍と戦った将軍の名です。

彼率いる軍隊達の記念碑があります。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150831202909j:plain

 

公園内は結構広くて、遊園地のアトラクションがあるエリア、サッカーなどスポーツ場、遊歩道…などなど、市民のための施設が盛りだくさん。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150831203144j:plain

花壇も綺麗に整えられています。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150831192633j:plain

公園内にはあのカラフルな玉ねぎ頭の建物、

ゼンコフ正教会も。

可愛らしいロシア正教会中央アジアではなかなか少ないので、

アルマトイではここは必見です。

 

私が訪れたのは他にキルギス・カラコルの聖三位一体教会のみ。

このブログのトップ画像がその聖三位一体教会です!屋根しか見えていませんが…田舎らしく素朴な、木目が美しい、彩色なしの建物でした。

 

 

 

教会近くの広場には鳩と餌をやる人達。

餌売りがいるので、鳩の大群はずーっとここに留まってます。

 

f:id:meguroryokoworks:20150830192435j:plain

 

 

カザフスタンに来てから、ウズベクキルギスに比べてロシア系の顔立ちの人がぐっと増えました。

 

f:id:meguroryokoworks:20150830192506j:plain

 

 

子供はそれはもう餌やりに夢中です。

f:id:meguroryokoworks:20150831194849j:plain

 

 

 

 

 

 

ずっと地面を向いてせっせと地面をつついていた鳩が、

急に一斉に羽ばたいて、低空を飛び回りました。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150831195809j:plain

 

おおっ、と私達はカメラを用意。

写真手前はスマホを掲げるジョンです。

 

 

 

 

…このように、ジョンのテンションは鳩たちのように低空飛行でした。

一緒にいるとき、言葉少ななジョンに合わせるように私も無口になっていました。

 

 

 

 

 

 

ホステルに帰るとさっさと自分のベッドに戻り、イヤホンをしてパソコンと何時間もにらめっこ。私が話しかけても微動だにせずパソコンを眺めているジョン。

 

 

 

共有のリビングテーブルで、他のスタッフ達と和やかに談笑していたら…。

突然扉が開いて、笑い目で前のめりに、私達にパソコン画面を差し出しました。

 

 

youtu.be

 

ジョン『面白すぎて、誰かに見せずにいられなかった!!』

 

日清カップヌードルのCMでした。

 

 

 

 

私はCMよりもジョンの笑いのツボに笑ってしまいました。

 

このエピソード、前にも書いた気がするけど、ジョンの話はカップヌードルのCMなしでは語れません...!

 

 

 

 

ユニークなジョンのエピソードにあっさり霞んでしまった、

アルマトイの街なのでした。

 

 

 

 

ryoko.

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。