シルクロード絵描き旅

中央アジア・シルクロード。ひとりの絵描きの放浪記。

今回は趣向を変えて、『若き詩』。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぼくはもどかしい。

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20160112140507j:plain

 

 

 

 

居ても立ってもいられない。

今すぐどこかに走り出して叫びたいんだ。

走って叫びたいんだ。

でもそれは、この道もあの場所でもない。

 

違うという事しかわからない。

それ以上を考えようとすると気分が悪くなるんだ…。

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150912153330j:plain

 

 

 

『分からない』ままやるんだ、だって?

ずっと後手後手にまわってきた僕には、それがとても怖いんだよ。

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20160107150738j:plain

 

 

 

いつの間にか、世界の真ん中にぽつん、と一人。

『分からない』まま走れるのかい?

どこに行こうが何をしようが自由なのに、『分からない』と全身かたまってしまって動かないんだよ。

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150713213206j:plain

 

 

見ているものが美しいのか、普通なのか、

どう美しいのか、ぼくは一体、

ほんとのところ どう感じているのかを

 

誰か教えて欲しい。でも

教えてくれる人などいない。

 

ああ、これが自由というのなら

自由ってなんて恐ろしいんだ。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151203135044j:plain

 

 

 

今すぐ跳ねたい。

 

大地を踏み鳴らしたい。

 

青空と草原の間に存在して、ぼくは力いっぱい空気を吸い込みたい。

 

どんなにおいがするかな。まぶしいかな。胸は痛いかな。

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151015093852j:plain

 

 

 

明日こそは、顔を上げて

 

『分からない』ままやるんだ。

 

でも、

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150930135211j:plain

 

 

 

でも、

 

 

心がズキンズキンするんだよ。

ああ、怖いなぁ…。

 

 

 

 

 

 

 

 

ryoko.

 

 

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。