シルクロード絵描き旅

中央アジア・シルクロード。ひとりの絵描きの放浪記。

『ここはどこ?』 ミャンマー国境で大失敗したお話。

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。りょうこです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年12月25日

タイ・バンコクからミャンマーへ移動

 

 

 

 

 

バスにて陸路で国境越えをします。

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151226154037j:plain

国境ゲート

 

 

 

 

…が、大失敗しました。

 

 

入る国境を間違えて、危ないところに来ちゃいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20160802233345p:plain

ピンク色の矢印がルートなのに、黄色の矢印を進んでいました。

途中、チェンマイにてバスの乗り換えをしましたがそれでも間違いに気付かなかった…。

 

 

 

 

当初の予定ではバンコクから西部メーソットへ、そしてヤンゴンへと進もうとしていました。

 

 が、思いっきり北上

 

メーサイから国境を越えてしまいました。違う場所に来てしまった…と気づいたのはミャンマー側タチレクに来てから。一度出国したらミャンマービザが失効するのでもうタイには引き返せません…

 

 

 

 

 

 

メーソットからはチャイティーヨに立ち寄りゴールデンロックを見るつもりでいましたが…、

メーサイ・タチレク国境から行くことが出来るのはチャイントンまでのみ、以降ミャンマー内地に行くには外国人はフライトしか方法はない。

 

 

 

 

地名が似ているうえに非常にややこしいですね…。

 

 

 

 

つまりは

入る国境を間違えて、危ないところに来ちゃいました。

 

という事です。

 

 

 

 

メーサイ・タチレク国境、チャイントンがなぜ危ないのか。

 

 

ここは黄金の三角地帯と呼ばれているのです…。

 

黄金の三角地帯 - Wikipedia

 

ウィキペディアを読めばわかりますが、麻薬の密造地帯なんだそうです。

 

 

 

 

 

チャイントンから内地へと外国人が陸路で通れないのは、パーミッションが必要で取得が不可能だとか、山賊が出るとか悪路だとか…色んな理由を聞かされました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜこんな間違いをしてしまったのだろう。

理由はただ一つ、情報収集が足りなかったからです。

 

 

目の前が真っ白になりました。が、

落ち込んでいる場合じゃありません…!

 

 

タチレクに来てしまった時、私はその地の情報を何も持っていませんでした。

インターネットでもほとんど情報なし、宿情報もゼロ。

 

 

 

 来てしまった事には仕方がありません。

 

 

 

 

その場で私はどうしたのか、何が起こったのか。

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

ryoko.

 

 

 

 

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。