団地ゲストハウスとムスリムの日常と、ごはんのお話。

 

 

 

 

こんにちは。

 

当ブログの読者の方へ、 見ず知らずの私のブログをいつも読んで頂き、

またたくさんの★、ありがとうございます。記事を書く励みになっています。

 

りょうこです♪

 

 

 

 

 

 

2015年8月7~15日

 

キルギス 首都ビシュケク

ビシュケクゲストハウスの日々

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150809221018j:plain

 

 

昨日の記事に引き続きビシュケクゲストハウスのお話です。

 

昨日のをまだ読んでいない方はこちら↓ からお読みいただいて、今日の記事にお進みください。

unhuman.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

ビシュケクゲストハウスには二人のスタッフが住み込みで滞在していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

モンゴル系の混じった、いかにもキルギス人な顔立ちイサ、

 

f:id:meguroryokoworks:20150810003052j:plain

 

 

 

ロシア系のファルハッド。

 

f:id:meguroryokoworks:20150814005814j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビシュケクゲストハウスにはどうやら他に数人のスタッフがいて、皆が交代で一定期間住み込んで仕事をするようです。

なので皆さん、くれぐれもこのブログをきっかけにイサとファルハッドに会いに行かないでくださいね、行っても彼らがいるとは限りませんよ。

 

 

私がここを出たあと、8月後半に用事でまた戻ってきた時には違うスタッフが迎えてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビシュケクゲストハウスのスタッフはフレンドリーで、積極的に自分の話をしてくれました。

あのね、スタッフの皆さんはムスリムなんです。

 

ここで出会った日本人、チェコ、フランス、イギリス人…ゲスト達は、私を含め宗教に関心を持っている人が多く、彼らに宗教について質問しまくったり、礼拝だとか服装だとか彼らの日常に興味を示しておりました。

 

質問といっても、皆分別をわきまえている事が前提としてあるので、深いところもガンガン話せるいい雰囲気でした。

しかし残念ながら私の英語力と知識がそれらに追い付かなくて、深く面白い展開になるほど話題に入れませんでした…。せっかくの機会なのにもったいない…。

 

 

 

 

スタッフの名前、イサ・ファルハッドはムスリムネームです。

ムスリムネームのお話は以前この記事に書きましたね。

 

unhuman.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

ムスリムは一日五回、アッラーの方角に向かって礼拝をします。

 

ゲストハウスにはその礼拝時間を示した時計があるのです。

 

f:id:meguroryokoworks:20150814005601j:plain

f:id:meguroryokoworks:20150814005613j:plain

アラビア文字キリル文字で書かれたそれは、私にはどれが何回目の礼拝時間か全く分かりません…。

 

 

礼拝用の時計は中国のモスクでも見かけましたよ。

この時計はムスリムの日用品なんでしょう。

 

 

 

 

 

 

私が珍しく早朝に起きてしまった時。

共有リビングには、自身の寝床で祈っているファルハッドの姿がありました。

 

 

朝日が控え目に差し込んではいるが室内はまだ薄暗く、皆はまだ寝静まっている時間帯。

暗く音のない室内で、明るくなりかけている窓に向かい、頭を上げては下げるファルハッド。

空間の中で唯一動きのあったのがファルハッドの祈り姿。目を引く美しさがありました。

 

 

 

 

ちなみに隣のキッチンではイサがいびきを立てておりました。

 

 

 

 

あ、イサは共有キッチンに置いてあるベッドで、ファルハッドはリビングのフロントデスクの下にゴザを敷いて寝床にしていました。狭い団地ですからプライベートなどありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近所にはモスクがあり、忙しい時以外は皆そこに集まって礼拝をします。

 

イサはよく、私にフロントデスクの番を任せて祈りに出かけて行っておりました。

f:id:meguroryokoworks:20150811205254j:plain

 

 

日本人ゲストのリュウタロウさんと一緒に、イサの礼拝に付いて行ったことがあります。

 

が、礼拝するのは男性のみ。女性である私は敷地内に入れないので、道路端にひとりぽつんと立ち、行き来するムスリム男性を眺めたり、中から聞こえるコーランを聞いたりしておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らは共有キッチンで自炊しておりました。

 

f:id:meguroryokoworks:20150809223513j:plain

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150809224436j:plain

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150810002413j:plain

 

 

マスタヴァ。

ラグマンの麺をお米に変えたもの。お雑炊のようでお腹に優しくて好きです。

 

f:id:meguroryokoworks:20150810003046j:plain

 

 

 

ここビシュケクゲストハウスでも毎食のように彼らの食事を分けてもらっていました…。

私はどうやら食べ物には困らない人間のようです。

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150810003052j:plain

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150810003321j:plain

冷蔵庫には料理に必須のハーブ。見せてもらったのがパクチーとこれ。名前忘れちゃいました…、これなんだったかなぁ。

 

 

 

 

 

 

プロフのお米の代わりにパスタを入れたもの。

プロフの味付け、好きです…。美味しくて2回もおかわりしちゃいました。

f:id:meguroryokoworks:20150811000459j:plain

 

 

 

 

そのほかミルク粥やジャガイモとトマトの炒め物、ナンなど色々頂いておりました。

ラグマンは一度も作ってはりませんでした。麺を打つのにきっと手間がかかるんでしょうね。

 

 

 

 

ひまわりの種をペーストにして固めたお菓子。とっても甘いです。

f:id:meguroryokoworks:20150811012054j:plain

 

 

 

 

 

 

見聞きしたことはまだまだあるのですが、長くなってしまったので今日はここまで。

続きはまた、気が向いた時に書いていきますね~♪

 

f:id:meguroryokoworks:20150808231308j:plain

 

 

 

 

 

 

ryoko.

 

 

 

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。