旧ソ連時代の団地に住まう。

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

只今シェアハウスの共有リビングで、同居人の弾き語りをBGMにブログを書いております

 

 

りょうこです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年8月9日

 

キルギス 首都ビシュケク

 

ビシュケクゲストハウスでの生活

 

 

 

 

 

 

ビシュケクで中国ビザを申請して、受領まで一週間、ゲストハウスで何もせず過ごしました。

 

 

 

 

 

 

ビシュケクゲストハウスは街外れの団地の一室。

 

 

 

 

www.booking.com

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150809221018j:plain

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150809220918j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

旧ソ連時代に建てられた古い団地はもうおんぼろ、室内はお世辞にも綺麗とは言えません。リビングにはつかないブラウン管テレビが置かれています。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150809220946j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングとつながっているドアを開けたらベッドが四つ、扇風機がひとつ。狭いですがドミトリーの客室です。

シャワー・トイレもリビングからドア一枚。

プライベートなどありません。

 

f:id:meguroryokoworks:20150815103818j:plain

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150809221005j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングやキッチンのテーブルに座っていると、常に他のゲストが隣にいる、そんな状態でした。

こんな生活感のある宿で一週間も過ごすと、ここに住んでいるような感覚になります。

今現在しているシェアハウス生活とさほど変わらないかもなぁ。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150808231308j:plain

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150813000451j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150814010447j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予約した宿にたどり着いたら汚いおんぼろの団地だった、

そのばあい運が悪かったと思いますか?

 

宿を変えようと思いますか?

 

 

 

 

 

全くそう思わなかったのはスタッフや旅人の人柄に恵まれて楽しく生活できたから…かな。

 

団地生活、楽しかったですよ。

 

 

 

 

 

 

生活する事を目的にして行っていないことがポイントだったのかもしれない。

ここに来た事、一週間滞在した事どちら成り行きだったからこそ、小さな事を楽しめたのかな、とも思います。大して観光せずにいましたから。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150814151834j:plain

 

でも、ベランダに放置されているガラクタは片付けた方がいいんじゃないかな…。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

ryoko.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。