中央アジアの住宅街を散歩してみました。

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

昨日はブログお休みして絵を描いていました~。

 

 

りょうこです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年7月5日

ウズベキスタンタシケント

 

 

 

 

 

 

unhuman.hatenablog.com

 

↑この記事の後、

 

 

仮眠から覚めて、夕方ホステルの周りを散歩した時の写真を載せます。

 

 

 

 

 

 

 

泊まっていたトップチャンホステルは街はずれにあり、住宅街へと伸びる通りにありました。

www.booking.com

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704185822j:plain

 

中央アジアはフルーツが美味しい。ブドウや桃、梨など種類が豊富でお安いです。

夏バテてお肉が食べられない時はナンとフルーツでも十分満足。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704224257j:plain

道端には水路があります。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704224320j:plain

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704224425j:plain

きれいに食べましたね。

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704224440j:plain

 

中央アジアでは、民家やホステル、お店などに表札や看板がない事が多いです。あっても小さい、分かりにくい。

なぜ?

住所を表す番号が小さく貼られているだけ。

 

まるで、外から来る人を拒んでいるかのような造りだなあ…と思いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704225117j:plain

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704225050j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704225159j:plain

f:id:meguroryokoworks:20150704225219j:plain

 

窓枠、ドア、タイルの色から模様から、中央アジアのお家ってとっても可愛いんです。

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704225245j:plain

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704225348j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704225503j:plain

 

たまに人通りがあると思えば…、可愛い子。

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704225512j:plain

 

旅の記念すべき一日目、この子の顔立ちに改めて、

『途方もなく遠くに来てしまったなぁ。』と思わせられました。

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704225635j:plain

 

出窓があるとついつい奥を見ようとしてしまう。

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704225817j:plain

f:id:meguroryokoworks:20150704225832j:plain

 

西日を受けてオレンジ色がかっている。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704230030j:plain

 

ふつうの家の窓格子も、イスラム建築のモザイク模様を彷彿させます。

 

それとも旧ソ連の影響でしょうか。

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704230739j:plain

 

交差点にあったキオスク。

 

f:id:meguroryokoworks:20150704230819j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704230848j:plain

 

ちょっと街寄りの通りに出ました。

道幅が広いのと、路面電車かなにかのレールが通っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕方、景色が桃色・オレンジ色に染まったタシケント郊外。

 

 

住宅地はとても静かで、鳥の鳴き声や子供の声が遠くから響いてくる時、

私も彼らの生活に溶け込んだような、そんな幸せな錯覚をおぼえました。

 

 

 

 

ryoko.

 

 

 

 

 

 

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。