シルクロード絵描き旅

中央アジア・シルクロード。ひとりの絵描きの放浪記。

今更ですが主食のおはなしです。~ナン作りを見学しよう~

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

今日、『ならゆうし食堂』のシルクロードごはんの試作品を頂きました。

カバブ風のお肉。本場では食べられない美味しさです。ん、矛盾しているみたいですがめちゃくちゃ美味しいです。

 

お肉の他には2品ほど作ってくださるそうです。

 

『ならゆうし食堂』の詳細はこちら。↓

unhuman.hatenablog.com

 

 

りょうこです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さーて。今日は中央アジアの主食、ナンについて。

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704185652j:plain

 

ナンはインドのものがポピュラーですが、

中央アジアでも、小麦粉を煉って焼いたものはナンと呼ぶんです。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150710172856j:plain

 

 

見た目は顔くらい大きい円形で、ふちが分厚くふかふかです。

 

 

表面にはゴマやスパイスが散らしてあり、食べるとほんのり塩気があって、ベーグルのようにもっちりしています。

 

 

 

 

美味しいのはできたて熱々ので、日が経つとカチカチの乾パンになります。

乾パン状態のナンはチャイやスープに浸して食べます。

ウズベキスタン新疆ウイグル自治区など、乾燥しているエリアでは、ナンは1年も保つのだそう。ほんとかな。

 

 

新疆ウイグル自治区にはナンの出てくることわざが多い事、また中央アジアのレストランでは食事に必ずナンが付いてくる事など、

人々にとってナンはとても身近なものであり大切でもある、ソウルフードなのでしょう。

 

f:id:meguroryokoworks:20150707235139j:plain

中央アジアの麺料理、ラグマン。小麦粉麺のラグマンも米料理プロフにもナンが付いてきます。

 

 

中央アジアは食事のバリエーションが極端に少ないので、ソウルフードであるナンの重要度は日本のお味噌汁よりも高いような気がします。

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150808213952j:plain

キルギス ビシュケク

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150903195549j:plain

 中国 新疆ウイグル自治区イーニン(伊寧)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

🌼 ナンができるまで 🌼

キルギスアスランボブにて、ナン作りの行程を見せてもらいました。

 

 

 

 

 

①、生地をこねる。

 

f:id:meguroryokoworks:20150802164734j:plain

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150802164746j:plain

専用の木箱で大量の小麦粉をこねます。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150802165039j:plain

 

こねて、生地を折って→またこねて の繰り返し。

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150802164753j:plain

 

職人さんの動作が速すぎて、デジカメのシャッターが追いつきません。

ぶれるぶれる。

 

しっかしこの姿勢、この職人さんは腰痛持ちだと思います。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150802164805j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②、生地をちぎって計り、まるめておく。

 

f:id:meguroryokoworks:20150802164823j:plain

 

f:id:meguroryokoworks:20150802164834j:plain

f:id:meguroryokoworks:20150802164844j:plain

 

f:id:meguroryokoworks:20150802164911j:plain

まるめたものは一次発酵させます。何分寝かすかは分かりませんが…。

生地には天然の酵母を使っているんだそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

③、生地を成形する。

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150802164927j:plain

まずは大きさと厚さを整え、つや出しのオイル(卵黄?)を塗ります。

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150802164939j:plain

2、3種類のスタンプを押してナンを成形します。

 

f:id:meguroryokoworks:20150802164956j:plain

f:id:meguroryokoworks:20150802165014j:plain

 

仕事が速すぎてここでも写真ぶれぶれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

④、タンドール(窯)に貼り付けて焼く。

 

10分ほどで焼きあがるんだそうです。

 

f:id:meguroryokoworks:20150802165110j:plain

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150802165104j:plain

 

 

 

 

 

 

Q. 焼き上がったナンはどうやって取り出すの?

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150802165118j:plain

 

 

 

 

A.ナンサイズのスコップ状のもので掬い取ります。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150802165153j:plain

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150802165157j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150802165216j:plain

 

ナンのできあがり~

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150802165143j:plain

 

できたて熱々、ふかふかのナンは絶品です!!

 

 

 

 

 

 

ナン作りの行程なんて他でなかなか見られませんよ~。

貴重な写真だと思います、これは。

 

 

ナンも地域によって少しずつ違いがありますので、またご紹介します♪

 

 

 

 

ryoko.

 

 

 

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。