ことばが生まれる時。

 

 

 

 

 

 

こんにちは。りょうこです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年8月26日 カザフスタン

 

シムケントから首都アスタナへ、バスで移動したときの事。

 

f:id:meguroryokoworks:20160726172150p:plain

 

 

 

シムケントからアスタナへはバスで北に24時間の長旅。

24時間も北上するのだから、気候はシムケントとは全く違うでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移動中、私は落ち着かない気持ちでいました。

 

 

 

シムケントのホステルでは財布のお金が減っていたというトラブルがありました。

お金の減りに気付いた時はチェックアウトの際で、バスの発車時間が近づいていた頃でした。

その時のスタッフの対応には誠意がなく、時間もなかったので仕方なく未解決のまま、私はアスタナ行のバスに乗り込みました。

 

 

 

 

悔しさとか後悔とか感情ばかりが頭に上って、バスの硬い座席で私はひとり悶々としていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150826141129j:plain

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150826141537j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

窓の外はキジルクム砂漠を抜け、広大なカザフ高原が広がっていました。

地平が見えなくなる遠くまで、カザフ高原は途切れずに続いています。

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150826141138j:plain

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150826141150j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150829225012j:plain

 

 

 

 

日暮れになり、車内も徐々に暗くなってきた頃に、

ぽろりとこぼれた言葉を、旅の日記帳に書きつけました。

 

 

 

 

 

 

 

 

-------------------------------------------------------------

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150829233422j:plain

 

 

 

 

 

 

気温10度前後 バスの中、

 

 

 

 

風が甲高いうなり声でガラスにぶつかり、散っていく。

 

窓の奥には オレンジ色の光と濃い青色の厚雲が 対比を成している。

 

 

 

寒い。

 

 

走れども走れども

 

バスと光の距離は変わらない。

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150829233433j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

ryoko.

 

 

 

 

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。