シルクロード絵描き旅

中央アジア・シルクロード。ひとりの絵描きの放浪記。

ひたすら暑いブハラ、こんな所に来る旅人はツワモノばかり。 前編

 

 

 

こんにちは。

 

 

シルクロード絵描き旅、

始まってまだ2か月ですが、今のところ欠かさず更新できている事が、

我ながらとっても意外です。

 

『毎日更新できるようガンバリマス。』なんて言っておきながら、さぼる気満々でいましたからね。

 

更新頻度を2日に一回、とペースダウンさせることも考えていましたし、

この先そうなるかもしれません。

 

 

ブログを始めた当初は、内容は薄く写真も少な目で

もっとラクに書こうと思っていたんですが…。

 

いざ記事を書こうとすると、適当には出来ないものなのですね(´・ω・`)

 

 

ブログを書くのにも慣れてきたことだし、

今後の目標は、記事のクオリティを落としてでもラクすることです。

 

 

 

 

りょうこです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日のエピソードの舞台は…、

 

 

 

 

 f:id:meguroryokoworks:20160722182333p:plain

 

 

 

 

2015年7月13日 

ウズベキスタン、ブハラ

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150713194317j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150713194432j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タシケントサマルカンドも十分暑かったのですが、ブハラにきて更に酷くなりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150713194749j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150713195021j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150713195147j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

強烈な日差しと乾燥。手のひらがかさかさに乾きます。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150713194925j:plain

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150713194940j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150713195339j:plain

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150713195702j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

光と影の境目がこんなにもはっきりしている場所は初めてでした。

本来何もないはずの空間に境界線が出来上がっています。

 

 

 

 

 

 

強い光は、世界を白く塗りつぶします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150713195209j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150713195833j:plain

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150713195358j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150713202158j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1時間歩いただけでへとへとになってしまいました。

 

 

 

 

 

まだ十分に観光出来ていませんが、宿に戻って休もう、

そうして宿の方向に歩き出した時…。

 

 

 

 

 

 

前から歩いてきた欧米人の男性と目が合いました。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150713221444j:plain

 

 

 

 

 

 

 

彼はすぐさま

『これからどこか見て回るの?』

と、話しかけてきたので面食らってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

ポルトガル人のペテロ。

 

彼はスマートフォンやパソコン等の情報機器をまったく持たずに旅しており、ここブハラ旧市街の地図すら持っていませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

インターネットがなくてどうやって旅するのでしょう。

 

 

『なに、こうやって人に聞いて回るのさ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

ryoko.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。