シルクロード絵描き旅

中央アジア・シルクロード。ひとりの絵描きの放浪記。

タシケントの早朝と、行き交う旅人。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

 

 

いつの間にか、旅に出てちょうど1年が過ぎておりました。

7月3日に出発して、4日早朝にウズベキスタンタシケントに着いたんだったかな…。

旅していた半年よりも帰国してからの半年の方が、ばたばたと早く過ぎていった気がします。

 

 

 

りょうこです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タシケントに着いた時の記事は以前書きましたね。

 

unhuman.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

今回はその時の続きを書きます。

 

 

 

 

2015年7月4日、早朝。

 

 

 

 

あの後。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704085221j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150704085259j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

扉の前に座ってうとうとしていると、誰かが私の肩を叩いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見上げると、バックパックを背負った欧米人が立っていた。

 

 

 

 

 

彼はこれから別の地に旅立つところだそう。私は彼と入れ替わりで、中に入る事が出来た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150707131905j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップチャンホステルのリビングは二階部分が吹き抜けになっており、開放的でとても綺麗だ。

 

 

 

 

 

しかし皆は未だに眠っているらしい。

 

 

 

 

屋内はまだ薄暗く、静まり返っていた。

 

 

 

 

 

 

 

ダイニングテーブルの上に無造作に置かれたナンと葡萄、飲み物のボトルが、人の気配を感じさせる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私はバックパックを降ろして椅子に腰掛けた。

 

 

屋内にやっと入れたものの、初めての土地の安宿である。スタッフがどこに居るかも分からない。

 

しかし皆が起きてこない事にはどうしようもない。

 

今は休もう。私は再び目を閉じ、眠ろうとした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると正面にある階段から、一人の年配男性が静かに降りて来た。

 

 

 

 

アジア人の、バックパッカーにしてはかなり年配の彼は、肌が真っ赤に焼け、褪せたTシャツを着、首からパスポートホルダーを下げていた。

 

 

 

 

 

 彼は既に長いこと旅をしているようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

彼は英語で私に話しかけたが、私が日本人だと分かると、日本語でこう言った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラファはまだ寝ています、彼は昨日の夜中に到着する旅人を待っていて二日間ほとんど寝ていないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は突然の日本語に驚いたのと、聞きなれない単語‐ラファ が宿オーナーの名前だという事を理解するのに少し時間がかかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラファは非常に親切です、この宿はとっても快適です。

今はラファを寝かせてあげましょう、あなたは二階の共有スペースに行って休んで、彼が起きるのを待っていなさい。二階は絨毯が敷いてあって横になれますから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日この宿には、僕とあなたの他に、もう一人日本人の男性がいらっしゃいます。今夜その3人でビールでも飲みましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

移動と環境の変化で疲れた頭には、あれこれ考える余裕はなかった。

 

 

私はただ足を伸ばして休める事が嬉しかった。

 

 

 

 

時計の針は、まだ朝の6時台を指している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

年配の男性は名をタマイさんという。

 

 

 

タマイさんは、こんな早朝からロードバイクで街に繰り出して行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は二階に上がり、赤い華やかな絨毯とクッションの敷かれたフロアで、貴重品の入った鞄を気にしながら眠りに着いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

ryoko.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。