シルクロード絵描き旅

中央アジア・シルクロード。ひとりの絵描きの放浪記。

CAMCAと書いてサムサと読む。中央アジアのミートパイ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは、りょうこです♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旅ブログを始めたての頃に書いた、

中央アジア料理ラグマンの記事を覚えていらっしゃいますか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は料理特集の第二弾、

 

 

 

サムサというミートパイについて書こうと思います。

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150811210010j:plain

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150707154359j:plain

 

 

 

 

私、サムサを食べるまではミートパイが苦手だったんです。

パイ生地とお肉のボリュームに胸やけがしちゃって。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、サムサを食べてその苦手意識は消えました。

 

初めて食べたのはウズベキスタンタシケントの炎天下ででした。

ミートパイのような脂っぽいものは、暑い場所では特に食べられなくなるのに。

 

 

 

どうしようもなく美味しかったんです…!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

肉は羊のミンチ!

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150707154612j:plain

 

 

 

 

このミンチ、日本で食べているような細かいひき肉じゃなく、粒が大きく羊のクセも強いんです。

 

タマネギのみじん切りと、肉の脂身を一緒に入れます。

 

 

 

そう、ワイルドなお味です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150810121205j:plain

キルギスビシュケク郊外のカフェにて。サムサを作っているところ。

 

 

 

 

 

 

味付けは塩・粒コショウ・クミンのみ。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150707154612j:plain

 

硬いパイ生地をかじると、肉汁が溢れ出てくるほどジューシーなお肉が顔を出します。

スパイスと肉の旨味が、お互いを引き立て合っていました。

 

 

肉好きというわけじゃない私が虜になったんです、サムサに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サムサはタンドールという窯に張り付けて焼きます。

ナンと同じ焼き方ですね (ナンはまだブログで紹介していませんね、すみません)。

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150831155835j:plain

 

 

 

タンドールで焼かれているサムサを観たのはこの一回のみです。

 

すっかりサムサ好きになった私は、

 

この写真を見るたび

 

豊作

 

という言葉が浮かぶようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150831160100j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

特にはまっていた頃は、一日に3つ食べていた時もあります。

 

 

 

 

 

食べすぎです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな私に悲劇が降りかかった事がありました。

 

 

 

 

カザフスタンの首都、アスタナで食べたサムサが

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150827200338j:plain

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150828200457j:plain

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150828210300j:plain

CAMCAと書いてサムサ 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150828225521j:plain

 

 

 

 

お、美味しくない…。

 

 

 

 

なぜか。

 

私の旅日記には当時の事がこう書いてあります。

 

サムサ、150テンゲ(カザフスタン通貨)もしたのにミンチが市販のお肉だった。

都市部では肉のクオリティに気をつけよう。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150828225521j:plain

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150828225205j:plain

 

 

 

 

そうそう、価格も他都市の二倍もしたんだった…。

 

 

あのワイルドな味のサムサと全然違いました。

お肉が市販のひき肉でした。

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150822235847j:plain

 

 

 

都市部のサムサは生地が柔らかいパイのものもあります。

これは、最初に紹介したワイルドなものとやっぱり違います。

 

 

 

私はワイルドなものが好きだな…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ。

 

 

新疆ウイグル自治区カシュガルのアニマルバザールにて。

 

 

 

 

目の前で解体したばかりの羊肉で作っている

 

 

 

サムサ!

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150906151349j:plain

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150906151354j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150906151407j:plain

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150906151524j:plain

 

 

 

 

 

 

 

美味しかったな…♥

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ryoko.

 

 

 

 

 

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。