シルクロード絵描き旅

中央アジア・シルクロード。ひとりの絵描きの放浪記。

中国・ベトナム国境超え 前編

 

 

 

こんにちは、りょうこです♪

 

 

 

今日は中国からベトナムへ、国境越えのお話。

中国・昆明から電車で河口へ、河口からベトナム・ラオカイ国境をくぐります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中国に居た3か月半。

終盤に訪れた東チベットではたくさんの貴重な体験をし、もう中国に心残りはなかった。

自然の厳しい東チベットの後は大都市の成都そして昆明へと移動。中国の都市の煩さ、無機質さに疲れていた。

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151212151719j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2015年12月14日。

 

 

22時48分昆明発。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151213225509j:plain

f:id:meguroryokoworks:20151213225353j:plain

 

f:id:meguroryokoworks:20151214070655j:plain

 

 

 

 

深夜、寝台列車に揺られながら夢想する。

 

乗客の寝息が聞こえる。

車輪の擦れる音に合わせて体が揺れる。

シュー、と車体から汽笛のような音が響く。

 

目を閉じてそれらを聞いていると、体の不思議な浮遊感を覚える。

まるで車体がこのまま海底へと潜っていくような…。

イメージは無限に沸き上がって、止まらなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

翌朝6時過ぎ、国境の街河口北駅に着いた。

夜はまだ明ける気配がない。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214070637j:plain

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214071009j:plain

 

 

 

 

 

少し南下しただけなのに、河口の空気は昆明より暖かかった。

ぬるい風が吹いた。

私は上着を脱いだ。12月だというのに薄手のレインパーカー一枚のみになる。

 

 

 

 

 

 

駅を出ると、タクシーの客引きに遭う。

ここに着く外国人は皆、国境へ向かう。

ドライバーの女性は、バックパック姿の私を見つけるなりドアを開け、乗るように促した。

 

 

 

 

 

 

 

 

タクシーはたった10分程走って国境ゲート付近に停まった。

 

 

 

 

辺りは真っ暗だった。

ドライバーは、国境が8時に開く事と、食堂が開いているから朝食を食べながら待ちなさい、と言って去っていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214072406j:plain

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214072700j:plain

 

 

 

 

 

薄汚い河口の路地。

黄色い街灯が街をさらに怪しく照らす。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214072652j:plain

 

 

 

 

ホテルの入り口前にあるいかがわしい看板は、中国語とベトナム語の両方で書かれている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151214072803j:plain

f:id:meguroryokoworks:20151214072950j:plain

 

 

 

 

街にはあちこちにベトナム語が見られる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長かった中国旅が終わろうとしているのに実感が湧かない。

淡々とした心持ちだった。

 

ただ、汚れた街並みとやけに黄色い街灯は確かに、私に何か語りかけているような気がした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次回に続きます。

 

 

 

 

 

 

ryoko.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。