シルクロード絵描き旅

中央アジア・シルクロード。ひとりの絵描きの放浪記。

非現実的な世界をあなたに。

 

 

 

 

 

こんにちは。りょうこです♪

 

 

 

 

 

 今日も物語。

 

 

 

 

 

10月13日   中国 西安

 

 

 

 

 

 

 

 

 

西安清真大寺という、歴史の古いモスクがある。

 

 

 

今までに訪れたドーム型の屋根やウズベキスタンのブルーモスクと違って、ここのは中国風の建築だ。瓦屋根の四角いお堂は仏教建築のイメージだから、違和感があって面白い。

 

 

 

 f:id:meguroryokoworks:20151013185513j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013185900j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013190113j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013190211j:plain

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013190449j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013190629j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013190840j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013190853j:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013191306j:plain

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013191318j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日の暮れる時間。

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013193005j:plain

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013193100j:plain

 

 

 

 

 

塀と外の建物で囲われた境内はどんどん暗くなっていった。

塀と屋根の切れ間から見える空は、少し冷たい紫色だ。

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013193206j:plain

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013193350j:plain

 

 

 

 

 

 

 

モスクの周りは賑やかな屋台街となっているので、ここだけに静けさと夜とが訪れているような感じ。

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013193531j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

礼拝が終わり皆が礼堂から出てきた頃、もう境内は真っ暗になっていた。

観光客用の門もいつの間にか閉まっていた。

 

すると、私が困る間もなく一人の回族の男性が現れた。

彼の手ぶりと目は『俺に付いてこい。』と言い、礼拝者用の出入り口に案内してくれた。

 

 

 

私はすこし距離を空けて彼の黒い背中を追いかける。

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013193756j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

途中、棟のどこからかムスリム達の歌声が聞こえてきた。

 

 

 

 

 

 

抑揚のない独特な歌は、暗闇の空気の粒に吸い込まれていった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20151013193704j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ryoko.

 

 

 

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。