シルクロード絵描き旅

中央アジア・シルクロード。ひとりの絵描きの放浪記。

佐藤・鈴木より多い名前、ムハンマドくん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。りょうこです♪

 

 

 

 

 

 

 

今日のお題は中央アジアの人名について。

 

旅先で出会った人々の名前‐名づけ方について考えてみました。

 

 

 

 

 

 

 

(ここではあくまで直接見知った事をベースに書いていますので、事実と違うところや間違いもあるかもしれませんが、お許しください。詳しい方はコメント欄にてご指摘してくださるととっても嬉しいです~!私に情報をください。)

 

 

 

 

 

 

 

 

旅していて、子の名づけ方にも様々あるのだと感じました。

 

 

 

 

 

 

 

中央アジアには

 

 

イスラム教由来の名前

・名前の他に『ムスリムネーム』を持つ人もいる。

・歴史や伝説上の人物名

 

 

 

など、宗教・信仰・人間を超えた大きな力を、名前に使用するみたい。

ロマンチックですね。

 

 

 

また、

・古代に外から持ち込まれた単語が、名前として定着しているものもあります。

ペルシア、アラブ由来の単語を名前に使っているのです。

 

 

 

 

 

 

 

ではご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウズベキスタンキルギスカザフスタン人の多くはイスラム教徒。

 

 

 

 

彼らの幾らかは、ムスリムネームというものを持っています。

本名を名乗るはムスリムネームを一番最初、名、姓の順で表します。

 

 

生まれた時に授かる姓名に対し、ムスリムネームは物心ついてから付ける名だそう。

普段の呼び名にしているのはムスリムネームでした。だからムスリムネームって本名より馴染みのある名なのかな。なんて思ったり。

 

 

ビシュケクゲストハウスのイサ。イサはムスリムネームなんだそう。

 

f:id:meguroryokoworks:20150815004002j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにもう一人いたスタッフ、ファルハッドは歴史・伝説上の人物で、男性によく用いられる名前だそう。起源はペルシア。

 

f:id:meguroryokoworks:20150809223520j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

他には語尾に宗教の意(‐din)を持つ

ヌルディンさん。

f:id:meguroryokoworks:20150819151020j:plain

ヌルディンは信仰の光、という意味だそう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、イスラム教徒に大人気な名前、ムハンマド

 

f:id:meguroryokoworks:20150708214225j:plain

彼はマックスムッド。

 

地域によってマックスムッド、モハメッド、ムハマッド、など訛りますがこれらみーーーんな預言者ムハンマド由来の名であることは間違いありません。

 

 

 

あの人も、この人も、あなたも、こないだの人も、

ムハンマドさん…。

 

とにかく多いのです。

 

 

 

例えばね、学校の出席確認に『ムハンマドく~ん』って呼びかけたら何割が挙手するんでしょうか。

 

例えばね、人込みではぐれそうな時に『ムハンマドちょっと待って~』って呼びかけたらどうなるんでしょうか。

 

と心配になるほど多い名ですよ。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性名ではファーティマちゃんがいました。ムハンマドの娘が由来だそう。

f:id:meguroryokoworks:20150724143852j:plain

 

 

 

ファーティマちゃんの双子の姉妹はズフラ。ズフラは歴史上の人物だそうです、詳しくは知りませんが…。

 

f:id:meguroryokoworks:20150724143904j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ムスリムからは外れますが…、こんな例も。

 

カザフスタンのホステルのスタッフ、『マナス』さん。

 

f:id:meguroryokoworks:20150824181203j:plain

 

 

 

 

キルギスに伝わる民族叙事詩であり、その英雄・主人公の名前です。

ホステルスタッフの方のマナスさんは全然仕事してませんでしたが

 

 

キルギス叙事詩といいましたが、ホステルスタッフのマナス氏はカザフ族です。叙事詩の影響が広大なのかな

 

 

 

 

ちなみにこれ、キルギスの首都ビシュケクのマナス王像。

 

f:id:meguroryokoworks:20150808222012j:plain

 鳩に好かれていますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、中央アジアの人々すべてがイスラム教関連の名なわけではありません。

土地に根差した語感のものもありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たとえば女性でユルドゥスさん。

 

f:id:meguroryokoworks:20150709151712j:plain

 

ウズベク語で『星』という意味です。

20日間の旅で二人のユルドゥスさんに出会いました。

同名の方に会ったのはムハンマド君を除いて唯一です。

 

 

これは単にウズベク語の単語から名付けたのでしょうか??

知っている方、情報ぷりーず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20150824222925j:plain

 カザフスタンのホステルスタッフ、アイーダちゃん。名前の由来は分かりません…が、彼女は先程のマナスよりずっとちゃんと仕事してました。

 

 

 

 

 

 

 

ごちゃごちゃしていて分かりにくいですね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ryoko.

 

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。