それは風のように

 

 

 

 

 

こんにちは。りょうこです。

 

 

 

 

先日、お友達のふうこちゃんにお会いしてきました!

 

ふうこちゃんはドイツで活動しているコンテンポラリーダンサーであり、絵描きさんです。

彼女が奈良に帰省しているので、2年ぶりに会えたのです!!

 

 

 

 

 

 

 

 ふうこちゃん、

すごく面白い子です。

 

 

 f:id:meguroryokoworks:20160324101543j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女の絵や作品は、私の説明よりも直接観て頂きたいです^^

 

 

 

 

 

 f:id:meguroryokoworks:20160324101411p:plain

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20160324100954p:plain

 

 

 

 f:id:meguroryokoworks:20160324101337j:plain

 

 

 

 

 

 

いわゆる抽象的な絵です。

抽象画はわかりにくい、とか言われますが、

感情を描いていたり、モノを婉曲して描いていたり、

表現したいものが人によって違うから、掴み所がなくてややこしいんだと思います。

 具象ももちろんそれぞれの感覚で作られていますけどね。

 

 

 

描く理由や創作の感覚は人によって違うのですが、

ふうこちゃんの場合…

 

寝るときに見る夢の、情報処理作業のような事を

絵でやっているような感じ なんだそうです。

 

夢は日常で溜まる色々な感情を整理するためのものであり、

潜在意識や極私的な記憶、個人のエッセンスがごちゃっと凝縮されたもの。

ふうこちゃんの絵も、そのようなものをそのまま紙に出してる、って感じなんだそうです。

 

彼女にとって自身の作品は、理性や自意識で押さえつけている状態の自分よりも、真の自分が出ているのかもしれません。

無意識下の深い部分なんでしょうね。

 

 

 

 

 

彼女とは、感性が似ているところがあったり、他の人とはできない感覚的な話ができるのです。

 話しだしたら止まらなくて、昨日もあっという間に時間が過ぎてしまいました。

 

人と話したりシェアし合う、言語化することで初めて気付く事があります。

彼女に出会って初めて気付いた感性や感覚はたくさんあります。

 

 

 

 

 

 

昨日の話題も文章にしたらかなり面白いと思うので、

機会があれば記事にしますね☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 ふうこちゃんのHP『ピラリータウン

 http://pirari-town.wix.com/pppjp

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨日の別れ際の彼女の言葉。

 

『きっと一番感動するものって自然やとおもうねん、空とか…。

人はそんなもの創れないし越えられない。越えられないという事に落胆すらできるおこがましさも持っている。

 

越えられない、と思った時になんかフッと笑える、そんな瞬間も好き。

なあんだ自分なんてちっぽけや、と思った時に真の自由を感じれるねんなあ。』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ドイツではイースターが近づいているので、と、

チョコレートのお土産をもらいました。

 

素敵なポストカードも。

 

ありがとう。

 

 f:id:meguroryokoworks:20160323082608j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:meguroryokoworks:20160323105530j:plain

 

 

親指入りました、

 

 

 

 

美味しかったです~~❤❤❤

 

 

 

 

 

 

ryoko.

 

 

 

 

@ryokomeguro 写真・画像および記事の転載はご遠慮ください。